なちゅらだま,元気な沖縄野菜&ハーブ100%,目の疲れがとれてスッキリ、ハッキリ!,
身体は食べてきたものの履歴書です,体調の不安や悩みの解消には,食べ物を見直して,補うことから始めましょう
沖縄の空 お電話でのお問い合わせ・ご注文は  
フリーダイヤル 0120-369-923  
平日9:00~17:00  
土日祝休み  
畑

ヨモギの葉っぱが虫よけになるのは本当?


虫よけ以外にもヨモギには実に様々な効能あり

ヨモギに含まれるシネオールという成分には、虫を寄せ付けない虫よけ効果があります。

ヨモギに含まれているシネオールという成分は、ユーカリプトールともいわれ、ユーカリに多く含まれる精油成分です。このシネオールには、バクテリアや寄生虫、昆虫などに対して成長や増殖を抑えるといった作用があり、殺菌や消毒の他にも、忌避剤、駆虫剤、殺虫剤などに利用されています。

また現代のような虫よけがない時代、昔の日本の人々は蚊遣り火といって、たくさんの煙を家の中に充満させることによって蚊や害虫を追い払っていました。その際に燃やす材料として使われていたのが、ヨモギの葉やカヤの木です。このことからもわかるように、昔からヨモギは虫よけとして使われていました。今でも天然の虫よけを作る材料としてヨモギが選ばれることも多く、これはシネオールの持つ虫の忌避効果を利用しているものといえます。

虫よけ以外にもヨモギには実に様々な効能があり、古くから薬効成分が豊富なことでも知られていました。止血剤として擦り傷や切り傷にもんだヨモギを貼ったり、乾燥させて煎じたものを整腸剤や貧血予防として服用したりと、日常の様々な場面で用いられてきたのです。自然治癒力を高めるためのお灸に使われているもぐさも、ヨモギの葉の裏に生えている綿毛からできています。乾燥させたヨモギを臼でひき、ふるいにかけて取り出した綿毛だけを集めて固めたものがお灸になるのです。

さらに、ヨモギは美容の面からも注目されています。ヨモギ蒸しという韓国の伝統的な民間療法では、ヨモギをはじめとした数種類の薬草が使われていて、それらを煮出した漢方成分の含まれる蒸気で下半身をあたためることにより、婦人科系の不調が改善したり、新陳代謝が向上したりなどといった効果が期待できます。ヨモギの香りにはリラックス効果もあるので、体だけでなく心もほぐすことができます。

ヨモギは虫よけだけにとどまらず、効果効能の多い万能薬として人々の役に立っています。


よくある質問一覧



自然の恵み工房〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル5F  ページトップへ▲
自然の恵み工房