なちゅらだま,元気な沖縄野菜&ハーブ100%,太陽が育む沖縄の野菜だから,疲れも、目や肌のトラブルも…,
悩みがスッキリ消えて,喜びの声が続々と!
沖縄の空 お電話でのお問い合わせ・ご注文は  
フリーダイヤル 0120-369-923  
平日9:00~17:00  
土日祝休み  
畑

仕事で追い込まれて逆流性食道炎に…
沖縄野菜に出会って体調スッキリ!

東京都府中市 野村敏之さん 52歳(取材時)

海外事業のためにオーストラリアへ

野村敏之さん

「リーマンショック、東日本大震災が引き金となり事業がピンチに陥ってしまいました。そのストレスで胃の調子が悪くなって、医者に行くと逆流性食道炎との診断でした」

 若い頃はオートバイレーサー志望で、二輪商社でアルバイトをしていた野村敏之さん。卒業時には大手の総合商社に就職が内定していたのに、バイトしていた会社にそのまま就職。「父には『波瀾万丈になるぞ』と言われ覚悟したつもりでしたが、その時はピンときませんでした」

 正社員になって間もなく、海外事業展開のためオーストラリアへ責任者として一人で赴任。当時はバブル絶頂期。バイクレーサー養成スクールの1ヵ月ツアーの企画に参画して40人もの参加者を集め、世界初の事業は二輪業界や海外メディアでも大きな話題となりました。

「しかし、翌年運営マネージメントや財務などの問題もあり現地の出資者と関係も終了。ちょうどバブル崩壊もあり、3年後に日本に戻りました」


波瀾万丈の人生を支えてきた出会い

 その後は、一念発起して29歳のときに独立。同業は資金的に無理があったのであきらめ「小さな会社でもこれからは商品力だと思っていた時に、知人から紹介されて『これ、いいな!』と直感したのが、オシャレな老眼鏡でした」

 1996年に起業したものの、紆余曲折あり今にも路頭に迷いそうだった野村さんですが、持ち前の行動力で百貨店などにアプローチ。「問屋さんを通してください」と門前払いを受ける中、会ってくれたある百貨店のバイヤーが老眼鏡世代で「これ、おもしろいね」とその日の午後の会議にかけ、すぐに5店舗の文具雑貨売り場に置いてもらうことが運良く決まりました。

「マネキンさん(販売員)を雇う余裕がなかったので、自分で店頭に立ち、お客様に声をかけて一生懸命に販売しました。オシャレな老眼鏡は大好評で、可能性を強く感じました。日本は高齢化社会に向かっていたので、オシャレ老眼鏡を追求する会社が日本にあったらお客様に喜ばれるのではないかと思って『よし自分が挑戦しよう』と決心しました」


順風満帆の事業が赤字に転落

野村敏之さん

 その後、文具売場の店頭で接客しているときご婦人に『イタリアやフランスには、もっとオシャレなのがあるのよ。おたくにはないの?』と聞かれた野村さん。「そうか!」と思い立ち、即断でその年のイタリアの展示会場へ出向き、足を棒にして捜しまわって、最終日にだけ出展していた素敵な老眼鏡を見つけました。

 この商品が大きなきっかけとなり、日本で初めて銀座にある百貨店の1階婦人雑貨売り場に進出。ファッションとしての老眼鏡を販売すると大評判になり、取扱店舗も拡大し、販売員などのスタッフも30人程に増えました。

 そんな順風満帆な時におきたのがリーマンショック、その後の東日本大震災。日本経済の屋台骨を揺るがし、拡大を続けてきた事業も次第に難しくなってきました。業績が下がっても縮小する決断ができず、赤字がずるずる増えるばかり。野村さんの体調が悪くなり始めたのもこの頃で、気がついたら創業社長として築いた財産も全て吐き出し、追い詰められてストレスのかたまりになっていたのです。


沖縄野菜の力で逆流性食道炎を克服

 とにかく胃の調子が悪く、当初は市販薬でごまかしていましたが病院で検査をすると逆流性食道炎との診断。薬を処方されて一時的に改善はするものの、また悪化してしまう悪循環にも悩んでいました。

「ネット検索の上手な女房が、『これ試してみたら』と教えてくれたのが、なちゅらだまだったんです。すぐに取り寄せて飲んでみると、私の場合、比較的早く不快感が減った気がして、沖縄野菜の力を直感で素直に感じました」

 かかりつけのクリニックのおじいちゃん先生が「自分の病気は自分で治すんだよ」と言っていたのを思い出し、なちゅらだま以外にも、運動やストレッチを始め、食生活にも気をつけて生活習慣を改めた野村さん。心身の状態を整えるために早朝の勉強会にも行き、いろいろな学びを得て少しずつ爽快な気持ちになってきました。


野村敏之さんさんと柴山弘文
お忙しい仕事の合間を縫って取材にご協力いただきました。野村敏之さんと柴山弘文

新たなチャンスをつかむため健康の底力に

 体調も少しずつ上向いていき、1年目は飲み忘れると胃が膨らんだりもたれを感じていましたが、2年目には飲み忘れても症状がでることはなくなりました。

「やはり自分が変わると物事が変わってきますね。今は店舗も人員も最少にしつつも、増える需要に応えられるようインターネットでの販売も始めて、海外のお客様にも好評です。もっと多くのお客様に喜んでいただけるように、さらにオシャレなものを追求して、新たな発想でまたチャンスをつかみたいですね。そのためにも、健康の底力をつけられるように、なちゅらだまは欠かさず続けていきます」と笑顔でお話ししてくださいました。

野村さんのおしゃれ老眼鏡のお店「リーダーズ アイウエア」http://www.tne.co.jp/


※お客様個人の感想であり、効用ではありません。

胃腸の健康

目の健康



体験談 なちゅらだまのご注文



自然の恵み工房〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル5F  ページトップへ▲
自然の恵み工房