Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

チデークニとはどんな野菜ですか?

ほのかな甘味とさわやかな香りの島ニンジン

チデークニとは沖縄野菜のひとつで、形はゴボウのように細長く、鮮やかな黄色い色をした島ニンジンのことをいいます。チデークニというのは沖縄の方言で「黄色い大根」を意味しています。収穫時期は11月~2月頃で、冬の寒い時期に収穫され市場に出まわる沖縄では人気の野菜です。ニンジンには西洋ニンジンと東洋ニンジンがありますが、チデークニは甘味があって煮ても型崩れしにくい東洋系に属しています。

チデークニには抗酸化作用を持つカロテンが豊富に含まれています。カロテンは皮のすぐ下の部分に豊富に含まれているため、丁寧に洗って皮をむかずにそのまま調理するか、皮の部分をキンピラにして食べるのも良いでしょう。またカロテンの吸収を良くしますので、油と一緒に調理するのがおすすめです。

カロテン以外にもチデークニには、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分なども多く含まれていて、貧血や眼精疲労の予防、体力増進にも役立つという様々な効能を持った食材です。チデークニを選ぶときには葉の部分は活き活きと、根の部分はなめらかで真っ直ぐ伸び、ハリ、ツヤともに良いものを選びましょう。

ほのかな甘味とさわやかな香りが特徴であるチデークニは、沖縄では昔から薬膳料理に利用されていました。煮物や炒め物など様々な調理方法で食べられていますが、チデークニを使った料理で良く知られているのが「チムシンジ」です。チムシンジは豚のレバーと一緒にチデークニを煮込んだ汁物で、風邪を引いて体力がない時や食欲の落ちている時などに滋養食として食べられてきました。寒い冬に体をあたためるのにもぴったりの料理です。また最近ではチデークニの加工品も作られていて、ドレッシングやカステラなどの商品も販売されています。

チデークニは栽培に適した土壌の条件が限られていること、収穫作業に手間がかかることなどから他のニンジンに比べると生産量が少なく、価格も通常のニンジンの3倍ほどで取引されています。

なちゅらだま 注文

関連するFAQ