Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

胃痛や胃もたれの不快感の原因は?悪化する前に対処した方が良い理由

コラム:2020年11月26日

空腹のときに胃がキリキリ痛んだり、食事の後にお腹の重たい感じが続いたりなど、胃痛や胃もたれ、胸焼けなど胃の不快な症状を感じたことはありませんか?胃痛や胃もたれ、胸焼けなどの胃の不調はなぜ起こるのでしょうか。
また、これらの胃の不快な症状をそのままにしておくと、より症状が悪化してしまう可能性があります。
ここでは、胃痛や胃もたれなどが起きる原因と胃の不調を放置しておくことで生じるリスクについてご説明します。

胃痛、胃もたれ、胸焼けはなぜ起きる?

leaningstomach1まずは、胃痛、胃もたれ、胸焼けが起きる原因について見ていきましょう。

胃痛の原因

胃痛は、胃液に含まれる成分のバランスが崩れることによって起きることがほとんどです。
胃酸は、胃の中に入ってきた細菌を殺菌する働きがあり、強い酸性の性質をもっています。
平常時は、胃は胃粘液を分泌して胃酸から胃を守っています。
しかし、何らかの理由で胃酸の分泌が過剰になり、胃粘液の分泌が減少すると、胃の粘膜が胃酸の刺激を受けることで胃痛を感じるようになります。
また、胃に刺激の強い食べ物や飲み物を取りすぎた場合にも、胃粘膜が直接刺激を受け、胃痛を感じやすくなります。
胃痛を招く要因としては、日常生活や仕事などによるストレス、食べ過ぎや飲みすぎ、カフェインやニンニクなどの刺激物の摂りすぎ、疲労や寝不足などがあります。

胃もたれの原因

胃もたれは、胃の中に食べ物が消化されずに長くとどまることによって胃が重たい感じや気持ち悪さを感じる症状です。
胃の中に食べ物が入ると、胃のぜん動運動によって食べ物と胃液が混ぜ合わされます。
そして胃液に含まれる消化酵素によって、食べ物が小腸で消化しやすい状態にまで分解され、ぜん動運動によって分解されたものから小腸へと送られていきます。

しかし、食べ過ぎたり消化に時間のかかる食べ物を摂ったりすると、胃での消化が追い付かなくなり、消化されない食べ物が胃に長時間残り、胃もたれを起こしてしまいます。
また、ストレスによる自律神経の乱れなどによって胃のぜん動運動が低下することも、胃の中の食べ物がうまく小腸へ送り出されず、胃もたれの原因となります。
胃もたれが起きる主な要因としては、食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ、ストレスや加齢による胃の働きの低下などが考えられます。

胸焼けの原因

胸焼けは、みぞおちのあたりに焼けるような違和感やひりひりとした痛みを感じる症状です。
本来、胃と食道をつなぐ部分には弁のような働きがあり、胃の中の食べ物が食道に戻ることを防いでいます。しかし、なんらかの原因によって弁の働きが悪くなると、胃の中にある胃液が食道まで逆流しやすくなります。
このとき、胃酸が食道の粘膜を刺激し、ダメージを与えることで胸焼けが生じます。

胸焼けが起きる主な要因には、加齢や喫煙などの生活習慣によって胃と食道の接続部の筋肉の働きが低下することや、胃の開口部分が横隔膜の上にせり上がってしまう食道裂孔ヘルニアなどがあります。
また、肥満や妊娠、前かがみの姿勢などで胃が圧迫されて胃酸の逆流が起こる場合、胃酸が過剰に分泌される場合なども胸やけの原因となります。

症状を放っておくと「逆流性食道炎」になることも

leaningstomach2逆流性食道炎とは、本来、胃から十二指腸・小腸に向かって流れるべき胃酸が食道に逆流してしまう病気の総称で、「胃食道逆流症」とも呼ばれています。
逆流性食道炎には、食道が炎症を起こしている「びらん性胃食道逆流症」と食道に炎症が起きていないものの胸焼けなどの不快な症状が現れる「非びらん性胃食道逆流症」があります。
胃では、強い酸性の胃酸が分泌されていますが、胃の中では胃酸から胃の粘膜を守るための胃粘液も分泌されています。
しかし、食道の粘膜は胃の粘膜よりも胃酸に対する防御機能が弱いため、胃から胃酸が逆流すると食道の粘膜がダメージを受け、炎症を起こしやすくなります。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の代表的な症状は以下のようなものです。
・胸焼けがする
・胃液がこみ上げる
・ゲップが良く出る
・胃もたれを感じる
・のどに違和感がある、のどに痛みを感じる
・咳が出る
普段から胸焼けや胃もたれを感じている場合には、逆流性食道炎の可能性もあります。
逆流性食道炎が進行すると、食道の粘膜から出血して吐血や血便などの症状が出ることもあるほか、繰り返し炎症を起こすことで食道がんを引き起こすリスクも高くなります。

逆流性食道炎の対処法

逆流性食道炎と診断された場合には、胃酸を抑える薬を使って治療を行います。薬での治療で思うような効果が上がらない場合には、手術を行うこともあります。
逆流性食道炎の改善のためには、日常生活でも、以下のような事柄に注意することが大切です。
・食べた後にすぐ横にならない
・寝る前に食事はとらず、寝るときには頭を高くする
・アルコールやカフェインなどの刺激物の摂取を控える
・食べ過ぎ、飲みすぎに気を付ける
・喫煙している場合には禁煙する
・肥満がある場合には肥満を解消する
・脂っこい食事を避ける
・腹部をベルトやコルセットなどで極端に圧迫しない

また、薬ではなくサプリメントを飲んで症状を抑えられる場合もあります。沖縄野菜100%で作られた『なちゅらだま』は、抗酸化物質など野菜本来の成分をたっぷりと含んだ無添加サプリメントです。胃腸の健康にとって大切な栄養素をたくさん持っており、飲むことで胃腸の調子を整えてくれることが期待できます。
実際に逆流性食道炎で悩む人にも多く愛用されているサプリメントで、「なちゅらだまを飲んでから体調が良くなった」との体験談も数多く寄せられています。
「薬はあまり飲みたくないけどつらい症状は軽くしたい…」という人はぜひ飲み始めてみてはいかがでしょうか?

なちゅらだまの体験談>>https://shizen-no-megumi.com/taikendan/

胃の不快感は早めに対処!

leaningstomach3胃痛や胃もたれ、胸焼けなど胃の不快な症状が起きる原因についてご紹介しました。
食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスや不規則な生活などによって、胃の不快な症状は現れます。
そして、胃痛や胃もたれ、胸焼けなどの症状が現れやすい人は、逆流性食道炎に進行してしまう可能性もあります。
しかし、生活習慣を見直すことで胃の不調を解消できることもあります。症状が悪化する前に、胃に負担のかかる習慣を改善することが大切です。
症状が長引くことがあれば、早めに医療機関を受診して検査を受けるようにしましょう。