Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

自粛疲れストレスで胃の不調を感じる人へ。ストレス解消で体をラクに!

コラム:2020年9月20日

外出自粛が続き、巣ごもりの機会が増えるこのご時世。お出かけや旅行などの娯楽が制限されたことでストレスを抱える人が増加しています。過度なストレスは胃の不快感や胃痛を招くこともあり、早いうちからストレスケアを行いたいものです。
今回は、自粛によるストレスの原因や、外出しづらい状況の中でもできるストレス解消法をお伝えします。

外出できないとストレスが溜まる?

stomachupset1未曽有の事態により外出自粛を余儀なくされ、巣ごもりの機会が増えました。初めのうちは時間に余裕ができたことで、心と体を休めたり新しいことにチャレンジしたりしてストレスをうまくコントロールできていたという人もいるでしょう。

しかし、外出自粛の期間が長くなると、外出できないことでストレスが溜まり、自粛疲れを起こす人も増えてきました。ストレスが溜まると、イライラしたり過度に不安を感じたりするなどの心に影響が起こるばかりか、胃の不快感や胃痛など体にも変化が起こります。
体にストレスがかかった状態が長く続くと胃への違和感だけでなく、体のあちこちに不調が起こる可能性もあります。不安が続く外出自粛の中でも健やかに過ごすためには、ストレスにより引き起こされる症状を知り、ストレス解消を行いましょう。

外出自粛で感じる胃の不快感や胃痛の原因は?

stomachupset2外出自粛になり、ニュースやSNSをチェックして今後の動向を注するようになった人も多いことでしょう。巣ごもりしていると、ついパソコンやスマートフォンを使う時間が長くなりがちですが、集めた情報に一喜一憂することもストレスによる胃痛の原因になっている可能性があります。
ではなぜ、ストレスにより胃痛が起こるのでしょうか?ストレスによる胃痛の原因を解説します。

ストレスによる胃の不快感はなぜ起こる?

ストレスが原因でおこる胃痛は、胃液(胃酸やペプシン)が胃の粘膜を攻撃することで起こります。本来、胃液は食べ物を溶かして小腸で栄養を吸収しやすくするために機能するものです。ところが、日常の変化などでストレスが溜まると、胃液のはたらきが活発になり胃そのものを攻撃するようになります。
一方で、普段は胃を守っている胃粘膜は、何らかの影響でストレスがかかると、胃を保護する働きが弱くなってしまいます。そうすると、胃酸の攻撃を受けやすくなり、胃の痛みや吐き気、胃の不快感などの症状を引き起こすのです。

胃痛を起こすさまざまな要因と症状

ストレスが原因となって起こる胃痛はイライラや不安感などのストレスだけではなく、喫煙・飲酒・コーヒーなどが原因となって起こることもあります。

食生活の乱れによる胃痛
巣ごもりによる自粛疲れなどで、暴飲暴食・飲酒量・喫煙回数が増えると、胃に負担をかけてしまい胃痛の原因となる可能性もあるのです。自粛のストレスから食生活が変化することもありますので、一度ご自身の食事内容を見直してみましょう。
胃にやさしくかつ消化の良い野菜を中心とした食事を摂ることが一番良いですが、なかなか毎日意識して続けるのは難しいものです。そういったときには、手軽に野菜の栄養素を補給できるサプリメントを取り入れてみるのも良いでしょう。『なちゅらだま』は無農薬の沖縄野菜が凝縮されたサプリメントです。栄養価の高い沖縄野菜を手軽に取り入れることができるだけでなく、凝固剤などは使っていない無添加サプリメントなので安心して飲むことができます。

胃の不快感の症状
ストレスによって感じる胃の不快感として多いのは、みぞおち付近に感じる痛みです。しかし、胃痛のほかにも吐き気や嘔吐、食欲低下、体重減少などの症状が胃痛と合わせて起こることがあります。なちゅらだまはこういった胃の調子も整えてくれるので、胃の不快感で悩んでいる人は一度試してみると良いでしょう。ただ、胃痛以外にも症状が現れる場合には、なにか違う病気が潜んでいる可能性もあるので、医療機関を受診して診察を受けましょう。

なちゅらだまの体験談>>https://shizen-no-megumi.com/taikendan/

外出しづらい状況でもできるストレス解消法

stomachupset3外出自粛によるストレスが長く続くと、心と体に負担がかかります。巣ごもりをしていても、ストレス解消するために以下のことを実践してストレスケアをしてみましょう。

オンラインなどを利用して人と接する

巣ごもりしていると、家族や夫婦以外で会話する機会が減ってしまうことも多いです。気軽に人と会うことがしにくい日々が続きますが、そんなときはオンラインを利用して人と話す時間を作ってみましょう。
友人や趣味の仲間など、誰かと会話するのは自分の気持ちを整理する時間にもなり、よい気分転換になります。お互いの悩みを共有すれば、同じ悩みを抱えているのは自分だけではないと気づくこともできるでしょう。一日のうち、少しの時間でも家族以外の人と会話をする時間を作ってみてください。

過度にインターネットを見過ぎない

SNSやニュースなど情報収集をし過ぎないという選択も大切です。今はインターネットを使えば気軽に情報収集できる時代ですが、それゆえに情報に一喜一憂してしまうことも多いでしょう。必要最低限の正確な情報を集めたら、それ以上は関連する情報を見ないという選択もストレスをかけないためには大切です。

規則正しい生活と適度な運動をする

外出自粛が続くと生活リズムが乱れ、夜更かしをして起床時間がバラバラになってはいないでしょうか。偏った食事やテレワークによる運動不足など、自粛前とは生活リズムが異なる方もいるでしょう。
心も体も元気に過ごすためには、自粛前と同じように規則正しい生活を送ることが大切です。起床・就寝時刻はこれまで通りにして、3密を避けて外で体を動かすようにしましょう。
また、巣ごもりにより日の光に当たる機会が少なくなってはいないでしょうか。体内リズムを整えるためにも日の光に当たるのは大切です。テレワーク中はカーテンを開け、日の当たる場所で仕事をするなど、日の光を浴びて心を落ち着かせる時間を作りましょう。

まとめ

外出自粛によって巣ごもりの機会が増えた今、ストレスにより胃痛などの胃の不快感や心の変化を訴える人が増えています。心身ともに健やかに過ごすためには、規則正しい生活を送りながら、オンラインなどを活用して人と接する時間をつくりましょう。