Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

外出自粛で夫婦間にストレスを感じる人は多い!?胃痛を感じる人は要注意

コラム:2020年9月25日

外出自粛要請により、家で過ごす時間が長くなりました。夫婦や家族で過ごす機会が増えたことで些細なことでイライラしたりケンカしたりしてしまうことがあります。ストレスを抱えたままだと胃痛などの症状が現れることもあります。今回は、夫婦や家族と過ごすことで起こる胃痛の原因やストレス解消の仕方について紹介します。

外出自粛中、自宅で過ごす時間は増えた?

stresshusbandandwife1これまで気軽にできた外出や旅行などが制限されるこのご時世。休日を自宅で過ごす機会が増えたという方も多いでしょう。あるアンケート調査では、感染予防のために、「同居家族と一緒に過ごす時間が増えたという方」は全体の半数にも上ります。夫婦や家族で暮らしていれば、外出自粛の状況でも日々の不満や愚痴を妻や夫に共有することができるかもしれません。
しかし、外出自粛の要請が長期間になると、今度は身近にいる相手に八つ当たりをしたり些細なことに不満を感じやすくなったりしてしまいます。
外出自粛がいつまで続くのかがわからないと、心に余裕を持てなくなってしまうのです。不満が溜まると体にストレスがかかり、体にも不調が現れやすくなります。ときには、夫や妻の言動や行動に気づかないうちにストレスを感じていることもあるでしょう。イライラの原因を知り、上手くストレスを解消していきましょう。

イライラや胃痛の原因は?

stresshusbandandwife2夫婦や家族と過ごす時間が増えると、家事の役割分担への不満や生活リズムの違い、自宅で過ごす時間が増えたことで起こる閉塞感などからストレスを感じやすくなります。普段ならあまり気にならなかった行動や言動も、常に一緒にいることでイライラしてしまうこともあるでしょう。
イライラが続くと、今度は胃の不快感や胃痛などの症状が現れることもあります。このようなストレスからくる胃の症状はなぜ起こるのでしょうか?

ストレスで起こる胃痛の仕組みは?

ストレスが原因となっておこる胃の不快感や胃痛は、胃液(胃酸・ペプシン)が胃の粘膜を攻撃してしまうことで起こるものです。
通常胃液は、食べ物を溶かして小腸で栄養を吸収しやすくするために機能するものです。しかし、過度なストレスが溜まると、胃酸やペプシンのはたらきが活発になり、胃そのものを攻撃するようになります。
一方普段は胃を守っている胃粘膜は、ストレスによってその働きが弱くなるため、胃酸の攻撃を受けやすくなってしまいます。このように、普段はバランスを保っている胃のはたらきが崩れてしまうと、胃痛や胃の不快感などの症状として現れるのです。
ストレスによる胃痛を治すためには、ストレスを溜め過ぎないよう気を付けることが第一です。没頭できる趣味を見つけたり適度に体を動かしたりなど、リフレッシュできる時間を作りましょう。
それでもなかなか胃痛が治らないときには、サプリメントを試してみるのも方法の一つです。『なちゅらだま』は沖縄野菜を凝縮した無添加のサプリメントで、豊富に含まれる抗酸化物質やフィトケミカルにより、胃腸の調子を整えてくれます。普段から野菜不足を感じたりなかなか疲労が取れないといった方にもおすすめです。

なちゅらだまの体験談>>https://shizen-no-megumi.com/taikendan/

イライラだけじゃない!胃痛を起こす要因

胃痛や胃の不快感を起こすのはイライラが溜まったときだけではありません。疲労の蓄積や、睡眠不足、緊張、不安、ストレスによる暴飲暴食などさまざまなストレスによって引き起こされます。
特に、外出自粛により家の中で過ごす時間が増えたことで、テイクアウトや出前の頻度が増えた方も多いのではないでしょうか?もちろん、ストレス解消のために美味しい食事時間を設けるのは良いことですが、食べ過ぎや飲み過ぎは禁物です。胃の中の消化活動に負担がかかり、胃もたれを起こします。ひどい場合には胃が痛くなることもあり、もしかしたら食べ過ぎが原因で胃の不快感に悩んでいる人も多いかもしれません。

このように、外出自粛や感染対策のためのテレワークなどで、自宅にいる時間が増えると生活リズムが乱れたり家族に対してイライラしてしまい、無意識のうちにストレスが溜まっていたりすることも多いです。自分でも気が付かないうちに溜まるストレスは、やはり早めの対処が必要です。

自粛中のストレス解消法と家族との上手な付き合い方

stresshusbandandwife3ストレスを長く溜め込んでしまうと、体にも心にもよくありません。しかし、同じ屋根の下で暮らしていると家族や夫婦間での不満も溜まりやすくなってしまうものです。ここでは、家族間でイライラしないようにするための工夫やストレス解消法をお伝えします。

夫婦や家族で共通の時間を過ごす

家にいる時間が増えても、それぞれ過ごし方は違います。特にテレワークをしていると自宅にいるにも関わらず、家事に参加できなかったりうまく役割分担ができなかったりして、夫婦間で不満が溜まることもあるかと思います。家族内で家事分担をして、誰かの比重が大きくなるのを防ぎましょう。
また、ご飯は揃って食べる、共通の趣味の時間を持つ、一緒に映画やテレビを見るなど、一緒に過ごして話をする時間を設けることも大切です。お互いの気持ちを伝える時間を設けてみてはいかがでしょうか。

生活リズムを整える

テレワークなどで、出社せずに自宅で仕事が可能な場合に起こりやすいのが生活リズムの乱れです。生活リズムの乱れにより、つい夜更かしをしてしまったり、偏った食事になりがちだったりすると、ストレスを感じやすい体になるだけでなく生活習慣病のリスクも高まります。
自宅にいてもこれまで通りの起床・就寝を心がけ、庭やベランダに出て日の光を浴びながら軽めのストレッチをするなど、体内リズムを整えてみましょう。また、自宅で過ごす時間が多くなると運動不足になりがちです。家族や夫婦で十分な距離をとってウォーキングするなど、適度に体を動かす機会も設けましょう。

まとめ

外出自粛により、家族や夫婦で過ごす時間は以前よりも増えました。先が見えない中、一緒に過ごす時間が増えると、些細なことでイライラして不満が募ることもあるでしょう。
ストレスが溜まると胃痛を引き起こすなど、体への影響も懸念されます。家族間で役割分担をしたり、一緒に何かをする時間を増やしたりしてストレスを溜め込まない工夫をしましょう。