Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

胃薬が不要になって揚げ物もカレーも食べられる

兵庫県神戸市 村上美雪さん 45歳(取材時)

体質だと思ってあきらめていた胃弱

村上美雪さんの体験談

「子供のころから胃が弱くて、給食を食べるのがつらかったのをよく覚えています。時間内に食べ切れないので、掃除の時間になっても…。私だけではなくて、もう一人の友達と二人で食べ終わるまで許してもらえませんでした」

もともと少食の上に、油っこいものや消化の悪いものを食べると、すぐに胃もたれしていた村上美雪さん。大人になっても自然に胃が丈夫になることはなく、医者に行くと胃下垂との診断。

ちょっとでも許容量を超えて食べてしまうと、胃もたれしてムカムカがはじまります。気分が悪いだけでなく、頭痛や肩こりまでし始めます。一回飲んだ胃薬をさらにもう一度飲んでしまうこともあり、そのうえ頭痛薬を飲むことも。そんな時は、フラフラになり生活にも影響がでてしまいます。

ご主人が経営する会社へ車で通勤しているのですが、六甲山のくねくね道を走っていると、慣れているはずなのに車酔いのような症状を起こすこともありました。胃弱は体質だと思ってあきらめていた美雪さん。

食後の胃薬が必需品に

「料理をするのは大好きなので、天ぷらや揚げ物もしますし、1つか2つくらいは食べます。肉は赤身のところだけですね。主人と食事に行くときは、食べられないものは全部、主人に食べてもらっていました」

それでも食事をするたびに必ず胃もたれするので、胃薬は欠かせません。効き目があった薬も、だんだんと効かなくなってしまいます。ここ数年は、いろいろと薬を変えて、なんとか症状を抑え込んでいました。

胃弱の美雪さんの一番の悩みは、食べても身にならず体重も増えないこと。『これしか食べないのか』とご主人が驚くほどの量しか食べなくても、胃もたれは必ず起こります。食事が終わると『胃薬、胃薬』と言うのがすっかり口癖になっていて、お子さんにも『お母さんの薬』と言われるほど、食後の胃薬は必需品になっていました。

スタミナがついて坂道も大丈夫

村上美雪さんの体験談

「なちゅらだまに出会ったのは、卵油を飲んでいたからなんです。期外収縮がありネットで卵油を見つけて飲み始めたら、1日10回くらい感じていた不整脈が1~2回に減って、とても楽になりました。お便りと一緒に入ってくる、なちゅらだまの体験談は目に留まらなかったのですが、お手紙に、『なちゅらだまを飲んだら太れた』という社長さんのお話を読んで、『私も太れるかなぁ』と思ったのが、飲み始めたきっかけでした」

最初の3~4ヵ月は、全く変化がなかった美雪さん。それが、今年になってから、食べられる量が増えて、体重も1~2kg増えて、そのまま維持できるようになりました。ちょっと食べ過ぎてしまい、次の1食を抜いても、体重が減ることもなくなりました。

「体重が増えた分、スタミナがついて、いつも車で行っていた買い物も、歩いて行くようになりました。帰りは、駅から15分くらい坂道を登らないといけないのですが、荷物を持っていても休まず家まで帰ってこられます」

旅行に行って美味しいものを食べたい

村上美雪さんの体験談
ご主人が経営する会社にお伺いしました。左から村上正光さん美雪さんと柴山弘文

ご主人が驚いたのが、美雪さんが「カレーを食べに行きたい」と言い出して、一緒にカレー屋さんに行ったこと。刺激物や油脂の多いカレーは全くダメで、食べるとしても子供用の『星の王子様』を少しだけ食べていたのに、スパイシーなカレーも大丈夫になりました。少しですがコーヒーも飲めるようになりました。

「去年買った胃薬が、夏になってもまだ残っているくらい、飲まなくなりました。薬を飲むと口が渇いたりしてイヤだったので、本当に良かったです」

結婚した時からずっと胃弱の美雪さんしか知らなかったご主人は、その変化にビックリしています。顔の表情も明るくなり、より前向きで積極的になったと感じています。

「会社にいると座っている時間が長いので、ルームランナーを買って、週に3~4回は家でも運動しています。前はすぐ疲れてダルくなっていたのに、今はそういうこともなくなりました。これからは、旅行にもいっぱい行って、美味しいものを食べたいですね」と素敵な笑顔でお話ししてくださいました。

※お客様個人の感想であり、効用ではありません。