Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

良くなったり戻ったりの波を繰り返し、夜も眠れない胸の痛みがスッキリ消えた

沖縄県沖縄市 高崎優子さん 59歳(取材時)

逆流性食道炎の胸の痛み、薬は飲みたくなかった

高崎優子さんの体験談

「最初は胃もたれと胸やけでした。ゲップも出るようになって、ついには胸の痛みで夜も眠れなくなってしまいました。痛みがひどいので、近所の内科医に行ったら薬を処方されました。その薬を3日飲んだら、症状は改善しないのに胃が悪くなってしまいました」

今、音訳ボランティアをしている高崎優子さん。仕事を退職したあと、決まった時間に起きて仕事に行かなくて良くなったので、大好きな映画をプロジェクターで観ながら夜更かししたり、食べたり飲んだり…。好きなように時間を使えるので、ついつい生活が不規則になってしまいました。

「もともと胃腸が丈夫ではないのに、不健康な生活をしていたのが原因だと思います。胸の痛みがつらくてつらくて…。薬の副作用もあって、水っぽいおかゆしか食べられず、すっかり『やーぐまい(家にこもる)』状態でした」

腎臓を患い薬漬けの生活にうんざりして

優子さんの薬ぎらいには理由があります。10歳の時に腎臓を患って死にかけたことがあるのです。2年間入院生活を送り、大量の薬を飲み続けました。もともと食が細いので、食事量よりも薬の方が多いときもありました。栄養が摂れないので体力もなく、すぐ疲れてしまいます。

20歳になるころには、薬漬けの生活にうんざりしはじめた優子さん。あらゆるサプリメントを試し始めましたが、やはり体調が悪いときには薬に頼ることをやめませんでした。

40代のとき「薬は私を健康にしてくれない」と気づき、あれこれと探して試しているうちに、「自分の体がどう変化するか」を楽しむようになりました。悪くなったら、がっかりするのではなく、「これは私には合わないことがわかった」と思い、少しでも良くなったら「ラッキー!!いいものに出会えた!」と思うようになったのです。

「今では悪いものなら2~3日、良いものなら1週間程で自分の体に合っているかどうかわかります」という優子さん。

沖縄野菜の力を信じたら胸の痛み・ゲップも消えて

高崎優子さんの体験談

「体力がないのに忙しい生活をしていたなぁと思います。とにかく体調が良い時がなかったので、気力だけで生きている感じでした」

ハードな仕事から解放されて自由になったと思った時に襲われた胸の痛み。「心臓…」とちょっと不安になったりもしましたが、インターネットで調べると「逆流性食道炎」の症状に間違いないと確信。ところが、いくら探してもいいものが見つかりません。そんな時に目にしたのが、体験談でした。

「えっ!? 沖縄!?と思って読んでいくと、沖縄野菜の力で良くなったと書いてあるので、さっそく取り寄せて飲み始めました。2日目位に胸の痛みが軽くなった気がしたのですが、そのあとは良くなったり元に戻ったりでした。それでも、3歩進んで2歩下がるような繰り返しでマイナスにはならないので、やめようとは思わず続けていました」

3ヵ月経ったころには胸の痛みが減ってきて、だいぶ良くなってきた実感があった優子さん。ゲップの間隔もあいてきて、やがて全ての症状が消えてしまいました。

食事も摂れて体力にも自信が

高崎優子さんの体験談
「普通だったらこういう取材は受けることはないと思うんですけど、すごく感謝をしているので、引き受けました」 沖縄市のご自宅にて。高崎優子さんと柴山弘文

「逆流性食道炎の症状が良くなるという当初の目的は達成しました。でも昔からいいものだと言われている沖縄の野菜だし、農薬や化学肥料を使っていない質の良いものなので、このままやめずに続けるべきだな…と思って、調子が良くなってからもしっかり続けています」

子供の頃、レストランで食事をした時、ステーキが出てきてため息まじりに「これ錠剤だったらいいのに」と思わず言ってしまい、連れてきてくれたお父さんはショックを受けたそうです。そんな優子さんが、今は「美味しい!」と言ってモリモリ食べているのを見て、家族も親戚もビックリ。

「行きつけのインドカレーのお店に最近食べに行ったら、昔ウエイトレスをしていた方に偶然会ったんです。『高崎さ~ん、久しぶり! 5年前より若返ってるね!!』と言われて、嬉しかったですね」

以前は、やりたい事があっても身体がついていけない感じでした。今ではもう、しっかり食事も摂れて体力もついてきました。東京へ行って大好きな美術館や日本庭園巡りをしたいと考えている優子さん。今のところ一番の心配は、方向音痴だけ。東京にいるお姉さんに、しっかりと迷わないように案内してもらおうと、その日が来るのを楽しみにしています。

※お客様個人の感想であり、効用ではありません。