Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

インターネットで見つけた沖縄野菜で 逆流性食道炎の症状が消えた

神奈川県横浜市 山口紹子さん 75歳(取材時)

胸の痛みの原因は心臓かと思った

山口紹子さんの体験談

「60歳になったころから、胸がキューッと痛むようになったんです。最初は心臓がどうかなってしまったのかと不安でしたが、病院で検査をしても悪いところはみつかりませんでした」

年に2~3回程度とはいえ、夜中に目が覚めて胸が痛むだけでなく、首が引きつるような痛みに襲われたり、奥歯に激痛が走ったりしていた山口紹子さん。いろいろ調べてみると放散痛といって狭心症の典型的な症状のはずなのに、心電図やエコーなどの検査をしても心臓の異常は全く見つかりません。

もともと身体があまり丈夫ではない紹子さん。手術や入院などをするような大病はしたことがないものの、甲状腺機能亢進症で10年ほど治療を受けていたこともあります。

また、原因不明のお腹が張った状態が長く続くなど、ちょっとした体調不良はいつものこと。

逆流性食道炎が原因だとわかって

「そうこうしているうちに、10年前に主人が脳梗塞で倒れてしまいました。息子2人と娘がいるんですけど、それぞれ家庭があるのであまり頼ることもできません。ヘルパーさんに来ていただきながら、夫の介護生活を続けています」

紹子さんの胸の痛みなどの症状もなかなか改善しません。5年ほど前、通っている病院の担当医が変わった時に「逆流性食道炎でも似たような症状が出ることがある」と言われました。

そういえば、油っこいものを食べると胸焼けするなど思い当たることがあった紹子さん。医者からランプラゾールという薬を処方されて飲むことになりました。

「半年ほど飲み続けたんですけど、なんだか舌が痛くなってきて…。そのことを担当医に話したら『舌のことはわからないから口腔外科に行ってください』って言うんです。心配でネットで調べたら、舌痛という副作用があるらしくて、怖いのでその薬を飲むのを止めました」

何とかしないといけないと思ってインターネットを見ていた時に見つけたのが、逆流性食道炎に良いという沖縄野菜のサプリでした。

薬は怖いから自然なもので

山口紹子さんの体験談2

一時的に逆流性食道炎の症状は治まりましたが、薬を止めてしばらくすると、また症状がぶり返してきました。横になって寝ると胸焼けしてきたり、掃除をする時にかがんでお腹を圧迫すると胃酸や胃の内容物が上がってくる不快感を感じるようになりました。

「若いころから胃が弱かったことや、介護生活のストレスなどが重なったのが逆流性食道炎の原因なんでしょうね。もう医者に行って薬をもらうのも嫌だし、何かいいものはないかと思ってパソコンを使ってネットでいろいろ調べました」

その時に見つけたのが沖縄野菜のなちゅらだまです。健康に良さそうなものは何でも試してみる紹子さんは、さっそく取り寄せて飲み始めました。しばらくすると、いつの間にか胸焼けなどを感じることがなくなったので、いったん飲むのをやめてみました。

一度やめて実感した沖縄野菜の実力

山口紹子さんと柴山弘文
横浜市内の貸サロンにお越しいただいてお話を伺いました。

「私のやり方は、何でも一度やめてみるんです。そうすると効いていたのかどうかがよくわかります。なちゅらだまを飲まずにいたら、また症状が出てきたので、再度取り寄せて飲み続けることにしました」ご主人は夜9時頃に寝てしまうので、それから2~3時間は紹子さんだけの時間です。テレビを見たり本を読んだり、パソコンも毎日やっています。

「インターネットって便利ですね。友達とメールのやり取りをしたり、ゲームしたり、買い物をすれば届けてくれるのもいいですね」ご主人と二人暮らしの紹子さんは、自分が介護疲れで夫婦共倒れになってしまうことを一番心配しています。

「健康には充分気をつけて、時間を見つけてはストレス発散もしています。仲のいいお友達と話をしているだけでも気分が晴れて楽しいですね。長年続けてきたコーラスはやめてしまいましたが、これからも俳句の会は続けていきたいです」と、笑顔で語ってくださいました。

※お客様個人の感想であり、効用ではありません。

なちゅらだま 注文