Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

沖縄料理は身体に良いですか?

沖縄では医食同源の考え方が根付いています

沖縄の海・山・畑などでとれた栄養豊富な食材が使われている沖縄料理には、健康に良いものが多くあります。沖縄に住む人々は沖縄野菜をはじめ、綺麗な海でとれる魚介類や海藻、雄大な自然の中で育てられた豚肉などの食材から効果的に栄養を摂ってきました。沖縄野菜として有名なゴーヤ、チデークニ、フーチバーの詳しい栄養素については下記をご覧ください。ここでは沖縄に古くから伝わる調理法をいくつか紹介します。

豚肉の調理法

日本が肉食を禁止していた時代から沖縄では豚肉が食べられており、現在でも豚肉を中心とした肉料理が多くあります。調理する際には豚肉をゆでこぼしてから使用したり、長時間煮込むことで余分な脂を取り除きます。そして沖縄の人々は豚の耳や足、内臓、血液に至るまで全ての部分を料理の材料として重宝しています。

黒糖で味付け

黒糖は沖縄の伝統的な焼き菓子であるちんすこうや、サータアンダギーの甘さをだすために加えられ、煮物の味付けにも使われます。沖縄の特産品であるサトウキビから作られた黒糖には、カルシウムやカリウムなどミネラルが多く含まれており、疲労回復や脂肪の蓄積を制御する効果が期待できます。

海藻の調理法

海藻の調理法には2通りあり、火を通すか生で食すかに分かれます。沖縄でも獲れる海藻の海ブドウは加熱すると食感が失われるため生で食べるのが良いとされ、モズクはどちらの調理法にも適応でき食感と栄養を損ないません。さらにモズクには、免疫力や自然治癒力を高めるフコイダンという成分が含まれるため、風邪予防に効果的です。

一食でバランスの良い調理法

沖縄料理にはチャンプルーと呼ばれる野菜、豆腐、肉などを一緒に炒めた料理があります。チャンプルーは1品の中にビタミン、植物性・動物性タンパク質が含まれるため、非常に効率良く栄養を摂取できる料理です。沖縄は琉球と呼ばれた時代に、中国や東南アジアから食と健康に関して大きな影響を受け、医食同源の考え方が根付きました。医食同源は「食事をすることと病気を治すことは、どちらも健康を保つ上で本質は同じである」と定義され、沖縄ではこの意識によって栄養効果の高い組み合わせの料理が作られてきたといえます。

沖縄料理は、古くから琉球料理とも呼ばれてきました。琉球料理は華やかな見た目の宮廷料理や、一般家庭に親しまれていた庶民料理など様々な場面に合わせた調理法で作られ、脈々と受け継がれているのです。沖縄料理を作る際の調理法は、食材の栄養素を効率良く摂ることに適していますので、日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

なちゅらだま 注文

関連するFAQ