Menu
元気な沖縄野菜&ハーブ100%
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
平日9:00 ~ 17:00(土日祝休み)
強烈な沖縄の太陽の下
農薬を使わずに育てた野菜を、
何も加えず無添加で粒にしました
4,900円(税込)
600粒入り(1~2ヶ月分)

沖縄県民の県民性とは?

南国らしい明るく楽天的な性格

沖縄には「ゆったり生きる」という独特の精神風土があります。

暖かい気候の中で自然と共に生きて、あくせくせずに先のことを悩まない健康的な暮らしはストレスが少なく、沖縄県民の寛大な心を育んできました。沖縄の方言として使われる「なんくるないさ」には「なんとかなるさ」という意味があり、沖縄県民が持つ大らかさを表現している言葉といえます。

また「沖縄時間(ウチナータイム)」という言葉もあり、これは待ち合わせの時刻に少々遅れても気にしない沖縄特有の時間感覚のことです。ビジネスの現場ではあまり使われませんが、このような言葉があることで、沖縄の人が時間に対しても大らかであることや、楽観的でのんびりしている人が多いことなどが表現されています。

地元への郷土愛も特筆すべき点です。歴史を紐解くと、かつて沖縄県は19世紀まで「琉球王国」というひとつの国家でした。その後、激しい太平洋戦争を経て1972年までアメリカに統治されたのち、やっと日本に返還されたという歴史があります。このような歴史的にも険しい道のりを歩んだ沖縄だからこそ強い郷土愛が生まれたといえるでしょう。

甲子園のシーズン中に沖縄県の代表校が出場する試合がある日は、島民の皆で応援をするため街から人が居なくなるというエピソードもあります。

この郷土愛と共に、沖縄では家族や血縁関係の連帯意識も強く、共通の始祖をもつ父兄血縁の集まりを指す「門中」と呼ばれる言葉も存在します。この門中を中心とした一門の親交を深めるための行事も盛んで、4月から行われる先祖のお墓に親戚が一同に集まって供養をする「清明祭」は沖縄に伝わる伝統行事のひとつです。

沖縄では1年を通して活動しやすい気候が続くため、野外での運動や畑仕事を行ったり、沖縄各地で開催される祭りに参加する人も多く、これらの活動は生活意欲の向上や生きがいにつながり日々の健康維持にも役立っています。気候とあわせて、南国らしい明るく楽天的な性格と郷土愛にあふれる豊かな人間性を持つ沖縄県民だからこそ、祭りや行事に参加する人が多いといえるでしょう。

なちゅらだま 注文

関連するFAQ